女性のこころとからだの「悩み解決」サイト ビキニクリニック もしもガンになったら

サイト内検索 powered by Google 

ビキニクリニックとは 気になるうわさ 気になる病気 キレイをつくる あの人の生き方 みんなの本音 医学・健康用語

しゃべり場

























夭折のヴィーナス


歌手
本田美奈子.さん

「生きるために生きる」壮絶な闘いを経て…
ロックシンガー
川村カオリさん

「乳がんと闘って、そして残したもの」

私もがんに
なりました


参議院議員
三原じゅん子さん

「病気になって無垢な気持ちになりました」
歌手
園まりさん

「投げない、捨てない、あきらめない」
モデル
MAIKOさん

「乳がん一年生」

名医に聞く


慶應義塾大学医学部産婦人科教授
青木大輔先生

【子宮頸がん】
昭和大学医学部乳腺外科教授 昭和大学病院ブレストセンター長
中村清吾先生

【乳がん】

私の生き方


エッセイスト
桐島ノエルさん

「自分を変えた、ヨガ、アロマ、瞑想」
--> モデル・MAIKOさんは「乳がん一年生」

エッセイスト・桐島ノエルさんの「自分を変える生きかた」

結婚前に体をチェック。今や女性の新常識です




第2回しゃべり場 「乳がん体験」
乳がん"病友"たちとおしゃべり <第2回>

| トップページへ戻る |
家族との関わり合い方

いちばん身近だからこそ、さまざまな甘えやわがままなども出てしまうのが家族です。病気になったときは一番に頼れる存在であるとともに、反対に気をつかってしまう繊細な面もあるのかもしれません。


Fさん 家族が一緒だと気をつかって、きっと「痛い痛い」と騒げないですよね。私は一人暮らしだったので、その点はよかったなと思いました。逆に、一人で困ったのは、治療で足の裏が水ぶくれになって、歩くのもやっとというときです。友人がお見舞いがてら食事を届けてくれて、本当にありがたかったです。

Cさん 私も一人暮らしでよかったと思いました。実は、母は抗がん剤や放射線などの治療に反対で、どちらかといえば民間療法派だったんですね。でも、私としてはもうここ(胸)に悪いものがあるのだから民間療法だけなんて考えられないので、治療法のことでは何度もケンカをしました。結局は自分で決めたんですが、たとえば母と同居していたら大変だったと思います。そういう点では、一人暮らしだから自分だけをコントロールすればいいのでよかったと思いましたね。

Dさん 私の場合は、前にも言いましたが、田舎の本家の嫁だということがあって、とかくいろいろ言われる立場なので、まわりに病気のことを知られたくなかったですね。相手が自分の病気のことを知らないなら、何を言われても「知らないんだから仕方がない」とあまり気にならないだろうと思い、親戚には自分の病気のことは言いませんでした。もちろん、夫と娘は知っていますが、今でも義父や親戚には知らせないままです。

 手術で入院している間は、どうしたのですか?

Dさん 私の場合、温存手術で、5日の入院ですんだので、親戚からは「あれ、姿が見えないね」と怪しまれたころに退院して、「えっ? ずっといましたよ」とか言ってごまかしました(笑)。あの頃は本当に大変でした。乳がんになったのが娘が中学3年の夏で、娘の高校受験と義父の介護とが重なってしまって。つくづく、この病気は子育て世代にかかる病気なんだなと実感しました。

 娘さんはお母さんの病気について、何かおっしゃいましたか。

Dさん とくに何も言いませんが、先日、モデルのMAIKOさんの本の話をしたら、「その本読んだ」って。家に本はないのですが、きっと本屋さんで乳がんと見かけると読んでいるんだなって、少しうれしくなりました。

Aさん うちの娘も同じ年頃ですが、何も言いませんね。あの年代は、思春期ということもあり自分のことで手一杯ですから、母親にまで気がまわらないのだと思います。

Eさん 心のどこかで気にはしていると思いますが、現実的にはいたわったり言葉をかけたりはありませんね。

 病気になってから、娘さんが優しくなったなどということはありますか?

Aさん ないですね(笑)。

Dさん うちも変わりません。私自身が、人間は一人だと思っています。病気になるときも自分だけがなります、夫婦であっても一緒になるわけではないし。だから私の病気には関係なく、夫も娘もそれぞれ自分の人生をしっかりと歩んで楽しんでほしいですね。

BさんEさんAさん 私もそう思います!


前のページへ 次のページへ






  ●術後何年たっても安心はない
  ●必要な"治療中マーク"
  ●家族との関わり合い方
  ●敏感になった友人たちとの会話
  ●経験者だからこそ言いたいこと
  ●病気をして変わった自分

| 「乳がん"病友"たちとおしゃべり<第1回>」はこちらから |

コンテンツのご感想・ご意見はこちらから コンテンツ内容へのご質問はこちらから












前のページへ戻る このページの上部へ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | 広告に関するお問い合わせ | その他のお問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク |
Copyright (c) IKIIKINET Corp. All Rights Reserved.